世界を、もっと面白く。

社員インタビュー:3Dアニメーター(A・J・B)【中途入社/アメリカ合衆国】

日本語は日本で覚えました

日本のゲーム会社で働くことがずっと夢でした。小さい頃からポケモンやドラゴンボールが好きで、アメリカでは友達からリスペクトされるようなオタクだったんです(笑)。日本のマンガの単行本も400冊以上持ってたし、コスプレも大好き(今年のTGSでもしましたよ!)。日本語がまったくできずに来日して、英語教師をしながら日本語を覚えました。あまたの面接、とてもやさしくって、「この会社に入りたい!」と強く思いました。入社できて、とってもハッピーです。

まさか?これって夢?

『FINAL FANTASY AGITO』の3Dアニメーションを担当しています。入社してはじめての仕事で『FF』シリーズにかかわれるなんて、夢みたい!今までに触ったことのない大きなキャラにリグとアニメーションをつけるのはすごく楽しい。リギングのスキルも上がりました。時々チームのメンバーにリグやモーションのつけ方を教えたりしています。モーションの仕事以外にも、pythonでスクリプトを書いてみんなに使ってもらったりしています。みんなに喜ばれている時がすごくうれしいです

運命の会社だ!

あまたはとてもユニーク。すごくリラックスできる会社です。みんなすごく仲がいいし、雰囲気もいい。困ったことがあったら、すぐに誰かに相談でできる。外国人だったけれど、はじめからすぐになじめました。差別はないし、女子も多い。一体感があります。あまたに入れたこと、もう運命だ!と思ってる(笑)。日本語はまだまだだし、日本の文化もよくわかってないけど、不安はありません。アメリカには帰りたくない(笑)。ずっと日本にいたいです。

スキルアップのチャンスがいっぱい

シニア3Dアニメーターめざしてガンバッテます。教えることが好きなので、これからモー ションデザイナーを目指す人にいろいろ教えたい。あまたに入社したことは、私にとってすごく良いことでした。この短い間で、自分の能力がこんなに上がる とは思わなかった。これからあまたをめざす人、あまたに入って、自分の能力をアップしよう!