世界を、もっと面白く。

社員インタビュー:プログラマー(Y・N)【新卒入社/日本】

フリーターから一念発起

家庭の事情で高校を中退した後、フリーターとして飲食業で働いていました。仕事はきつかったですね。ずるずるとバイトを続ける中、子供の頃からの夢だった「ゲームを作りたい」という気持ちが日増しに強くなり、お金をためて専門学校に入りました。卒業するにあたって、ネットワークゲームに興味があったのと、『FINAL FANTASY AGITO』などを手がけて勢いのある会社だったことから、あまたに応募し、運良く入社することができました。
一度はつまずきかけた人生で、紆余曲折はありましたが、今はあまたでがんばれています。

ビッグプロジェクトで日々成長

入社後すぐに新規の大規模プロジェクトに配属されました。はじめはツールやタイトル画面の作成などの小さめな仕事が多かったのですが、仕事をこなすに連れて、だんだん大きな仕事(例えば、ゲームシステムに大きくかかわってくる部分とか)を任されるようになりました。仕事が増えてやりがいも増えました。今のところ順調に成長できてると思います。
プログラマーとして心がけていることは、当たり前のことですが、他の人にわかりやすいプログラムを書くように心がけていることですね。

あまたに◯◯あり!

と言われるようなスーパープログラマー!になることが夢です(笑)。せっかく夢がかなってプログラマーになれたのですから、より高いレベルを目指したいですよね。あまたには、豊富なキャリアをもった先輩社員も多く(自分が遊んだゲームをこの人が作ったのか!ということがよくあります)、風通しが良くて聞きやすい社風でもあるので、いろいろアドバイスを受けながら修行の日々を送っています。早く世界中のユーザーをうならせるようなヒット作を生み出したいですね。

実際に自分でさわってみる

学生の方にアドバイスをするのなら、いろいろなプログラム言語にさわっておいた方がよいということですね。あまたでは現在UnityとC#で開発をするのがメインですが、いろいろなプログラム言語にふれた経験は、ゲーム開発をする上でかならず役に立ちます。それから、専門学校生の方なら、一度学校が用意しているフレームワークを使わないでゲームを作ってみるといいですよ。楽して作るのではなく、あえて苦労してみることで、発見できることも多いものです。

 

社員インタビュー一覧へ戻る