世界を、もっと面白く。

社員インタビュー:アーティスト(T・T)【新卒入社/日本】

プログラマーではなく、アーティストの道へ。

情報系の大学に通っていたのですが、漠然とゲームのCGアーティストになりたいなぁと思っていました。中学生の頃から趣味でCGを作っていたんです。でも、いざ就活となると、本当に行きたかったゲーム業界ではなく、とりあえずIT業界をまわりました(笑)。たまたま地元の採用イベントであまたと出会い、大学内での説明会で再会して、会社のビジョンやビジネスに大いに共感しました。手持ちの作品でポートフォリオを作って応募したところ、運良く内定をいただけました。CGデザイナーになる夢の一歩が開けました。

いろいろ経験。今はモーションが面白い。

入社後は、アニメーション、3Dモデル、シェーダーなど、さまざまな仕事を経験しました。中でも、学生時代一番勉強していなかったモーションに携わる機会が多く、今はその面白さに惹かれています。あまたでは、「若いときはなんでも経験するほうが成長につながる」という育成のポリシーがあるので、いろいろ体験できて良いです。現在担当しているプロジェクトでは、クライアントとの折衝業務を担当しているのですが、アーティストの業務とはまた違ったむずかしさがあって苦労しています。早くクライアントの要求レベルに答えられるようになりたいですね。

誰にも負けないスキル習得をめざす。

先輩は皆さんとても親切です。社会というのはすごく怖いものと思っていましたが(笑)、何かと助けてもらってます。今後は、モデリング、アニメーションとかの3D系を中心にスキルアップしていければと考えています。でも、この1年間の成長は、自分としてはやや不満ですね。忙しくなると家で勉強する時間がなかなかとれなくなるのが、悩みの種というか。入社する前と後では、将来のビジョンが変化しました。学生の時はいろんなことをやりたかったんですが、今は誰にも負けないスキルを身につけたいと強く感じています。